fc2ブログ

Youtubuミュージック 長渕剛ー 長渕剛 ひまわり  

youtubeミュージック~☆ 

今日のyoutubeミュージックは長渕剛

yutube動画~長渕剛-ひまわり 長渕をお楽しみください。

yutube動画-ひまわり 長渕


長渕剛は1980年代半ば頃にはロック色が強くなり、サウンドにも現れたが、1980年代後半からは原点であるアコースティックに戻っている。
デビュー当時は、今とは違いかなり透き通った発声で歌っていたが、自分自身の作りたい楽曲のイメージとの乖離に悩まされ、1980年代の半ばから発声方法を変える様になった。ボブ・ディランの歌声への憧憬から、焼酎やルゴールの原液で何度もうがいをし、歌手の命でもある喉を焼き切った。しかし、それでも簡単には声質は変わらなかった。長いライブ活動を続けていくうちに、透き通った声は消えうせ、しわがれた声へと変わる。そうして長年のキャリアで培われた独特の歌唱法や楽曲のスタイルは、10代から中高年層までの幅広い年齢層で数多くのファンを生み出した。また、そうした荒療治や歌唱法により、喉にポリープが出来ていることをインタビューで告白している。しかし、ポリープを除去すると声質が変わると医師に宣告され、声質を変えたくない長渕は、悩んだ末そのポリープを除去せぬまま今の声質を保っていると語っている。

歌を披露する際には必ずガムを噛みながら歌っていた時期もあった。
幼い頃からジープ を好み、その後HUMMER H2を購入する。その時、取材で『H1は鉄が走っている感じ、あれは軍用車、H2はオシャレに乗れていい』といったんH2を手に入れるが、桜島のコンサートを期に“選ばれし者が乗る車”“四輪駆動の王”と米国セレブからも好評のあるH1 HUMMERハマーを購入、現在所有。

デビュー当初は痩身で長髪のフォークシンガーというイメージで、「遅れてきたフォーク青年」と呼ばれたりもした(長渕のデビュー当時はすでにフォークブームが過ぎた後であった)。透明な声と繊細なラブソング、達者なフィンガーピッキングによるアコースティックギターで人気を博し、現在の彼とはかなりイメージが異なっていた。80年代半ばからは髪を切り、同時期に出演していたドラマでの気さくな兄ちゃん振りから、徐々にやんちゃなイメージになっていった。

長渕剛は1988年に主演したTVドラマ『とんぼ』でのヤクザ役が大当たりした。この頃から歌声はいっそう枯れていき、歌詞もハードなメッセージを前面に打ち出したものになっていき、ドラマのイメージも相まって、バイオレンスなイメージが定着していった。また女性スキャンダルやスタッフへの暴行がたびたび報道されるようになり、1990年代前半にはその人気が絶頂になった反面、ダーティーなイメージもついて回った。1995年1月24日、大麻取締法違反で逮捕されてからは、かつてほどのダーティーイメージは薄らいでいった。



応援お願いします。


長渕剛公式サイト
長渕剛のプロフィール


スポンサーサイト



Youtubuミュージック 長渕剛ー 長渕剛 巡恋歌 ライブ 

youtubeミュージック~☆ 

今日のyoutubeミュージックは長渕剛

yutube動画~長渕剛-巡恋歌をお楽しみください。

Youtubeミュージック長渕剛 Tsuyoshi Nagabuchi 巡恋歌92

Yourubeミュージック長渕剛 巡恋歌

長渕剛は1977年、シングル『雨の嵐山』で歌手としてデビュー。(一般的には再デビューの1978年『巡恋歌』を本格デビューとしている。)『順子』や『乾杯』、『とんぼ』、『しゃぼん玉』、『しあわせになろうよ』などのヒット曲を持ち、また、俳優としては、『親子ゲーム』や『とんぼ』、『オルゴール』などのドラマや映画出演で知られる。血液型はA型。またソロアーティストとしてアルバム初登場一位獲得数12作品という記録をもっている。またソロアーティストでは井上陽水、槇原敬之とともにシングル売り上げ1000万枚を突破している。

長渕剛は鹿児島市立中郡小学校、鹿児島市立甲南中学校、鹿児島県立鹿児島南高等学校情報処理科を経て、九州産業大学芸術学部写真学科中退。妻は元女優の志穂美悦子。長女である長渕文音が、2008年夏公開の映画「三本木農業高校、馬術部」(監督:佐々部清)の主役として女優デビューすることが内定し、今後注目される。
警察官の父親・邦治(くにはる)と母親・マス子の長男として、1956年9月7日、当時の鹿児島県日置郡伊集院町(現・日置市)にて生を受けた。上に姉がいる2人姉弟。兄がいたが乳児期に病死している。
子供のころのあだ名は「レオン」。
愛犬はホワイト・スイス・シェパードの「レオ」。
現在でこそ肉体改造で筋肉質の体になっているが、出生後まもなく、インフルエンザで生死の境をさまよっていたと言う話がある。幼い頃の長渕は体が非常に弱く、よく喘息発作を起こし、病院通いが欠かせなかった。

彼の楽しみであったのが、音楽。それも吉田拓郎(長渕と同郷)や加川良、友部正人、遠藤賢司等のフォークソングを好んで聴いていた。「自分もいつかはミュージシャンになりたい」と言う願望もあったのか、中学3年の正月、彼は3000円のガット・ギターを購入し、鉄弦を張り思いのままに好みの楽曲をコピーしていったのである。
シンガーソングライターとしての道を歩むきっかけとなったのは、高校時代に生で観覧した、拓郎のコンサートであった。これを境に拓郎、更には加川や友部と言った、当時売れっ子だったフォークシンガーの歌に傾倒していく事になる。大学進学後は洋楽も聴くが、基本的には1960~70年代の、日本のフォークシンガーからの影響を強く受けている様である。
長渕剛公式サイト

長渕剛のプロフィール


応援お願いします。