fc2ブログ

youtubeミュージック熊木杏里「春の風」~☆ 

youtubeミュージック~☆ 

今日のyoutubeミュージックは熊木杏里「春の風」 をお届けします♪


youtube 無料 熊木杏里動画をお楽しみください。

熊木杏里の名前の由来は長野県旧・更埴市のキャッチコピー「あんずの里」より採られた。愛称は「あんりこ」。 あんず(杏)の里は有名です。

熊木杏里の尊敬する歌手は井上陽水。彼のような独自の世界観を作りたいと考えているようだ。アコースティックギターを前面に押し出したフォークソング調の曲が多いが、彼女の父の影響も大きいらしい。

「私は私をあとにして」までは全面的に吉俣良がプロデュース、編曲を行ってきたが、「春隣」からは岩瀬聡志と西垣哲二のタッグに変わった。このことにより吉俣良が作曲を手掛けた未発表曲(「短話」など)の今後の扱いが注目される。

熊木杏里は対人関係に悩んできたため、自他かかわらず“存在”を問い直した詞が多く、特に初期の頃はそのような内容の歌が熊木杏里の代名詞となっていた。この強い疑問を投げかける着眼点は、次第に「戦争」という広い視野が要される分野や、「自立」という積極性を題材とした曲の制作に繋がり、4thアルバムからは「恋愛」について扱うようにもなる。

熊木杏里は読書やキャンペーンへの参加を元に詞を書くことも多い。「戦いの矛盾」に収録された「いつか七夕」という曲は、横田早紀江が著した本を読み、実際に“座り込み”の現場へ行って、創られたものである